スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に隠れてオーレ!

心が燃える・・・!
すみません。
今回は前回の続き“昔読んだ漫画”についての文を書くつもりだったのですが、熱いCDを買ってしまい矢も楯もたまらずCDについて書くことにしました。

CDにたぎる



買ったのは
☆スーパー戦隊VSサウンド大全集!01

「超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー」
 ※発売:2010年8月

☆スーパー戦隊VSサウンド大全集!03
「電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー」
 ※発売:2010年8月

「東北合神ミライガー」
 ※発売:2012年8月

…の3枚。

マニアの方々からすれば「何でいまさらそれらのCDを?」とお思いかもしれません。
そうですよね・・・買うの遅いですよね・・・(-_-;)

実は乙は、「オーレンジャー」('95年)「メガレンジャー」('97年)の頃に少し戦隊熱が冷めていたのです。
それでCDは主題歌ぐらいしか買ってませんでした。
どちらも、その前作がすごく好きだったんですよね…。

自分は「超獣戦隊ライブマン」('88年)から本格的に戦隊を見始めて、
「高速戦隊ターボレンジャー」('89年)
「地球戦隊ファイブマン」('90年)
「鳥人戦隊ジェットマン」('91年)
「恐竜戦隊ジュウレンジャー」('92年)
「五星戦隊ダイレンジャー」('93年)
「忍者戦隊カクレンジャー」('94年)
…と、ずっと好みの戦隊が続いて楽しく観ていたのです。

そして「オーレンジャー」にも、熱い期待をかけていました。

◎主役たちが軍人でハード路線を想像させたこと。

◎属する防衛組織“UAOH”の制服姿を見て「電撃戦隊チェンジマン」('85年)を連想したこと。
(UAOH = ユー・エー・オー・エイチ、です。決して『うあおー』と読まない!)

◎オーレンジャーの上官を、ヒーロー物の常連である宮内 洋氏が演じていたこと。
(ご存じない方のために説明しますと、仮面ライダーV3・ゴレンジャーのアオレンジャー・ジャッカー電撃隊のビッグワン・快傑ズバット・宇宙刑事ギャバンのアラン・特警ウインスペクターや特救指令ソルブレインや特捜エクシードラフトの正木 本部長、等を演じられた俳優さんです。)

◎音楽が「超人機メタルダー」「恐竜戦隊コセイドン」「聖闘士星矢」「宇宙海賊キャプテンハーロック」「豪Q超児イッキマン」「まじかる☆タルるートくん」等で活躍されていた作曲家・横山菁児先生であったこと。


  Amazon広告
超人機メタルダー オリジナル・サウンドトラック



…と、期待要素が満載だったのですが…。

出来が良い悪いではなく、作風が「自分の好みに合わず」、あまりのめり込むことができませんでした(^_^;)
(後半出てきたキャラ“ガンマジン”は割と好きでしたが。)


「メガレンジャー」については…。
これまでにもこのブログで書いてきたのですが、自分は「メガ」前作の「激走戦隊カーレンジャー」('96年)に、とても強い思い入れがあるんですね。
そのせいで(『メガ』が大して好みから逸脱してもいないのに)、なんとなく距離を感じてしまいましたね(゜.゜)

(※注:「メガ」終了後に作られたVシネマ「電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー」は最高でした!!!!!)


・・・あ、「ミライガー」のCDを買ってなかったのは単純に、存在を最近まで知らなかったからです(^_^)


こういった事情で買っていなかったCD。
でも最近?インターネットを始めて、動画サイト、あるいはネットショップの試聴などで過去作品の曲を気軽に聴けるようになり。
あらためて上記作品の曲の良さに気付き。

欲しいCDも検索してネット通販でカンタンに見つけて買えるようになり。

そうして3枚のCDを手に入れた訳です。


さてようやく本題。

なんとなく年代順に聴きたかったので、買ってまず聴いたのが「オーレVSカクレンジャー」!

ドラマと主題歌は知っているのでとばして、BGM!

・・・ああっっ! 横山節だ!!
横山菁児先生の音楽を好んで聴いてきた自分は、もうちょっと聞いただけでニンマリしてしまう作編曲(^~^)
テインパニがあああブラスがああああ弦があああああ☆もうなんと言いましょうか、横山先生です(笑)。
チャララ~♪パ~ファ~ファ~ファ~~~♪ドゴドゴドゴドゴドン!♪
このCDシリーズ、BGMの方は曲数少ないけど、いやあ・・・楽しい楽しい(^-^)♪

「オーレ」で主題歌ほか、多くの歌曲を歌われているのが速水けんたろうさん。
NHK「おかあさんといっしょ」で茂森あゆみさんとデュエットした「だんご三兄弟」('99年)が有名ですね。
(実はこの歌、発売3日で250万枚出荷…だとか、数々の功績や栄誉を残すスゴい歌。)

同番組に出演されてしばらくの頃までは谷本憲彦というお名前でも活動されていました。
アニメ「疾風!アイアンリーガー」('93年)やアニメ「銀河戦国群雄伝ライ」('94年)の主題歌はそのお名前で歌われています。
上記2曲の頃から、速水さん(谷本さん)の歌唱は
熱く血の通った、非常にアニメソング向けの歌い方、歌声だと思います。(ご本人がどう思われているのかは分かりませんが。)

この「オーレ」の主題歌・挿入歌でも、熱血歌唱が炸裂して、もう…聴いていて胸が熱くなりました(↑▽↑)
熱いのに暑苦しくなく、爽やかなんですよね。
好青年イメージと言いますか。
どうしてこんな歌い方が出来るんだろう・・・素晴らしい!!

特に好きな歌のひとつが「アクション!オーレンジャー」。
過去の戦隊でも多数の作曲をされた小杉保夫先生の、明快かつ力強いメロディーも光を放ちます。

そして・・・自分が一番聴きたかった「オーレ」ソングが「虹色クリスタルスカイ」!

劇中で多用されていたし、最終話の締めくくりにも使われていた曲。
たまに頭の中にメロディーが浮かんでくるのに、聴きたくてもCD持ってない!
そんな状態が続いていたので、今回溜飲が下がりましたヽ(^。^)ノ♪

この歌がまた、タイトルイメージをそのまま体現したような、爽快感あふれる曲!
速水さんの歌唱力あってこその、この出来映えでしょう。

このアルバムには入っていませんが、速水さんは特撮番組「燃えろ!ロボコン」('99年)・「激走戦隊カーレンジャー」('96年・挿入歌のみ)・アニメ「マッハGOGOGO(新)('97年)」等でも歌を歌われています。
それらの歌もまた、熱く爽やかな速水さんの歌唱が番組に豊かな息吹を吹き込んでいます。 

速水さんにはぜひまた歌っていただきたい!と乙は強く願うのですが・・・ご本人にはいろんなご事情・想いがあるようで・・・なんだか切なくなります…。


このCD「オーレVSカクレンジャー」には他に
☆「戦隊VSシリーズ」のテーマソング「バーサス!スーパー戦隊」(歌:Project.R)
☆影山ヒロノブさんの歌うオーレ2号ロボソング
☆「カクレ」主題歌・挿入歌
なども収録されてバラエティに富んでおり、かなりおトク感のあるCDと感じました(^-^)


Amazon 広告

スーパー戦隊VSサウンド超全集!01 超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー




ところで今回のタイトル「人に隠れてオーレ!」のこと。
カクレンジャーの決めゼリフ「人に隠れて悪を斬る!」と、
オーレンジャーの掛け声「オーレ!」とを組み合わせました(^.^)

思いのほか長い文になってしまいました(^_^;)
次回に続きます。・・・ってまたかー(・。・)



Amazon広告
電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー [DVD]






スポンサーサイト

ちょー!トシちゃんかんげきー!!

と、いうわけで。

ツイッターでつぶやいていたら、むかし読んだ漫画について文章書きたくなったので書くことにしました。
きっかけのツイートはコレ↓です







以上説明終わり(^_^)


小さい頃は月刊誌「小学○年生」「コロコロコミック」「てれびくん」「テレビマガジン」などを読んでいました。
当時特に好きだったのが(つぶやいた通り)藤子不二雄先生の作品でしたね。


  Amazon 広告
ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)



ドラえもんは全巻本棚に揃ってましたし、オバケのQ太郎やパーマン、ウメ星デンカ、21エモンなど藤子・F・不二雄先生の作品はいろいろ持ってました。

漫画と言えば小学館!
(※「テレビマガジン」は講談社ですが(^▽^;))
コミックといえばてんとう虫コミックス!
小さい頃は(小学館という名は意識しなくとも)そうでした。

ですがそのうちに、親戚の家にある漫画や友達に借りた漫画を読んで、小学館以外の漫画にも面白い作品があることに気付きだしました。

黎明期だと「レッツゴー!しゅんちゃん」「サイボーグ009」あたりでしょうか。
まあ石ノ森章太郎先生の「009」は、あまりにメジャーで偉大で大好きな作品なので今回は割愛。

「レッツゴー!しゅんちゃん」は、作者・坂本しゅうじ先生。

  Amazon 広告
レッツゴー!しゅんちゃん(3) (コミックボンボンKC)



1970年代に上記「テレビマガジン」に連載されました。
(後に『コミックボンボン』に移籍。)

CMパロディを主体としたギャグ漫画で、自分はそのキャラクターの可愛さに魅かれて読んでいました。

特に・・・ヒロインのひろみちゃんが可愛かった
(*^▽^*)
坂本先生が描かれる女性キャラって(いたって健全な少年漫画のキャラでも)妙に色気があるんですよね。
「しゅんちゃん」の後年、先生の別の漫画を読んだ時、その事に気が付きました。

でも正直この漫画、しゅんちゃん・ひろみちゃん以外に関する自分の記憶は薄い・・・というよりほぼ無いです(^_^;)
何せ幼かったですので。
ただ「すごく好きだった」という漠然とした印象ばかりが残っております。


そして脱・小学館(?)急進期にハマったのが「マカロニほうれん荘」
作者は鴨川つばめ先生。

 Amazon 広告
マカロニほうれん荘 (6) (少年チャンピオン・コミックス)



「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に1977年から79年まで連載されていた、伝説の傑作ギャグ漫画です。

ストーリーは・・・

イケメンだけどやや生まじめ、でもわりとフツーな感じの少年、沖田そうじが高校に入学する。
初日に学校で目撃したのはサングラスに口ヒゲの25歳男性・膝方歳三、そしてタラコ唇にオネェ言葉の40歳男性・金藤日陽。
OBだと思っていたその2人、実は(超・落第生ゆえに)そうじの同級生でしかもとんでもない変わり者だった。
彼らのおかしな言動に動揺しながらも高校初日を終えるそうじ。
進学を機に下宿することになったそうじは、下宿先のアパートへと向かう。
「ほうれん荘」の名を持つそのアパートでは、管理人の娘・姫野かおりが迎えてくれた。
案内され、そうじの部屋に向かうと何故かそこにいたのが・・・あの、おかしな同級生・膝方と金藤だった!
破天荒で非日常的な“ひざかたさん”“きんどーさん”の起こす騒動!
その渦に巻き込まれるそうじの、ツッコミだらけの日常生活が幕を開けるのであった!

・・・という感じ?

えー、この説明だと「コメディ」とも取れるのですが、実際はパロディやらシュールネタやら作品内世界の枠を超えた描写やらもあったりして、この作品は厳然たる
ギャグ漫画だったように思います。
・・・ってすみません。読んだのは小学校中学年ぐらいですしコミックスも中学生ぐらいで失くしたと思うので、40過ぎの自分の記憶にはコレもあまり鮮明でないのです(^_^;)
上のストーリー説明も、ネットで調べて記憶をちょっとずつ引き出しながら書きました。

でも、当時自分は膝方さんが大好きだったため、しょっちゅう使われていた

「ちょー!」「トシちゃんかんげきー!!」
という叫び声や、
トシちゃん25歳
といった膝方さんの定番セリフは今でも割と覚えております(^.^)
(※○○○の部分には回・場面によって違う言葉が入ります。)

「マカロニほうれん荘」ってなんだか、子供の時の自分に変革をもたらした作品だったように思います。
ギャグ漫画いまだに好きだしなぁ。(← きちんとした大人はお金払ってまでギャグ漫画買わない。)

強烈なキャラクター、鮮烈なギャグ。
ほのぼのラブコメやそこはかとないエロス。
子供には分かりづらいけど何故か面白い、アニメ・特撮・音楽などのサブカルネタ。
類まれなるポップなセンスで描かれたイラスト。

子供心にも非常に強い魅力を感じました。

この漫画、業界内外でもかなり影響力があったのではないでしょうか。
例えば絵で言うと、今では一般化した(^◇^)←「 ひし形の口」なんかは、この漫画が開祖なのでは?

コミックスは売れに売れ、編集は連載を止めさせたがらなかったと聞きます。
35年が経過した今でも当時と同じコミックスが新刊で買えるほどの商品力!
多くの人がこの「マカロニほうれん荘」に触れているのではないでしょうか。

そしてこんな漫画を載せていた
「少年チャンピオン」
なかなか侮れない雑誌ですよね・・・。
(少なくとも'70~80年代は。)

「少年チャンピオン」にはその後もあれこれ刺激を与えてもらうことになるのですが、とりあえず今回はここまでで(^_^)/


しまった軽く書き始めたのに続いちゃったよ・・・
(・_・;)


[追記]
先日の記事「ウルトラリラックス」にも文章を追加しました。
よければそちらもご覧ください(^-^)
特に

“部活動”
“アニメ「こどものおもちゃ」”
“篠原ともえさん”
     
・・・に興味がおありの方。>







  Amazon 広告
マカロニほうれん荘全9巻 完結セット (少年チャンピオン・コミックス)



  Amazon 広告
週刊少年チャンピオン40th 創刊40周年記念特別編集







ウルトラリラックス

ごきげんようでございます!(^o^)丿
ときどき、乙 緒智庵です。

今回は、小学生の時からうちの店に買い物に来てくれている女子中学生をモデルにマンガを作ってみました。
本人を特定されて何か支障があってもいけないので、別の子の話を混ぜ込んだり、一部を変更しております。
が、ほぼ実際にあったやりとりです(^.^)

ある休日、その子の所属する部活動がお休みになった時のことです。


ウルトラリラックス_001
ウルトラリラックス_002
ウルトラリラックス_003

店になじんでいる子の中には、こういう子もいます。
この日はたまたま部活動が中止になり、ヒマをもてあましている(そして友達は別の部活をやっている)時にうちの店を思い出して来たのだそうです。
こんな風に子供たちに親しんでもらえるというのも、うれしいものです(^▽^)

・・・ただ、こういう子を見ていると
「そのうち“燃え尽き症候群”とかにならないのかな?」
とか
「部活動に没頭しすぎて他のことを見逃して後悔しないのかな?」
といったことが心配になります。

なんか五島って部活動に熱心すぎない?
長野県あたりでは部活動のさせ過ぎが問題視されて朝練禁止になったけど、長崎県はどうなの?
子供たちにちゃんと休みはあるの?
みんな疲れた疲れた言ってるんだけど勉強する余力はあるの?
青春を多様な角度から楽しむ余裕はあるの?

とか、
いろいろ気になって調べたら
長崎県教育委員会様が
「運動部部活指導の手引」
という、指導の先生向けのマニュアルを作ってネットに出していました。

ふむふむ。
「平日の練習は3日程度まで」
「原則として土曜日または日曜日のいずれかは休養日」
なるほど。
「通常の練習時間は、平日は2時間、土曜日・日曜日・祝日等は3時間以内」
「毎月第3日曜日の「家庭の日」は、原則として休養日」
そうでしたか・・・。
知らなかったです。
申し訳ありません。

他にも、部活動に関していろいろなことが記されています。
興味がある方は、ご覧になってみるのも面白いかもしれません。


さて、今回のタイトルは「ウルトラリラックス」
アニメ「こどものおもちゃ」('96年)のオープニング曲からいただきました。
原作は、小花美穂さんが少女誌「りぼん」に'94年から'98年まで連載されていた漫画です。


  Amazon 広告
こどものおもちゃ 小学生編DVD-BOX1



このアニメ版「こどものおもちゃ」(略して『こどちゃ』)、始まった時は
「・・・またすごいアニメ作ってんな(・。・;)」
と思ったものです。

とにかくヒロインのテンションが高い!
ストーリーは学級崩壊・イジメ・脅迫・希死念慮・家庭内不和・出生の秘密などなど暗い題材のオンパレード!なのですが、ヒロイン=タレント小学6年生・倉田紗南が
バカ明るいおかげで楽しく見れてしまうという恐るべきアニメです。
でもだからといって「どーでもいーから楽しくやろーぜヘヘイヘーイ♪」と物事をなあなあにするワケではありません。

敢然と立ち向かうのですよ、紗南は。
真正面からぶつかっていく。
母(実は育ての母)の教え「生きてるだけでまるもうけ」の言葉を胸に、持ち前の明るさと行動力で目の前の壁や闇をブチ破っていくのです。
ときにはよろけたりコケたり一瞬落ち込んだりしながら・・・。

あのポジティブさが欲しい!
と思わせてくれるアニメです。

アニメ放送終了後、数年経ってから原作漫画を読む機会があったのですが・・・

…重い…
面白いのは面白いのですが、この原作をよくあそこまで明るくハイテンションなアニメに仕上げたな・・・と、あらためてアニメ版スタッフ&キャストの方々に敬意を表したくなりました。
(※もちろん、原作の重厚なストーリーが基にあってこそ、のアニメです!)

アニメ版のオープニング曲は初期がTOKIOの「19時のニュース」。
これもこれで良かったのですが、後期オープニングの「ウルトラリラックス」も、アニメの雰囲気をそのまま前面に出したような能天気さ・軽快さが心地良く、良い歌だと思います!(^-^)

歌っているのは篠原ともえさん。


  Amazon 広告
スーパーモデル 15th Anniversary Edition



実を言えば乙は、デビュー当時の篠原さんが大っっっ嫌いでした。
歌番組やバラエティー番組に出ている篠原さんを見る度に「なんだこのグニャグニャした動きでヘラヘラしゃべるヘンなファッションの娘は!!」と、即 チャンネルを変えたものです(-_-;)

ところが「こどちゃ」でこの歌が流れたとき、篠原さんの歌唱だと知らずに聴いて素直に「いい歌だ」と思ったんですよね。
そこから篠原さんへの偏見は徐々に薄れ、今では結構好きになってしまいました(^▽^)

タイトルどおり、リラックスしたいときに聴きたい歌です。





  Amazon 広告
現代スポーツ評論 28 特集:学校運動部の現在とこれから





  Amazon 広告
「こどものおもちゃ」 DVD-BOX 中学生編BOX2





  Amazon 広告
MAX JAPAN(4)





  Amazon 広告
こどものおもちゃ 全7巻セット (集英社文庫―コミック版)




 


LOVE SOMEBODY

お久し振りの乙 緒智庵です。 
26日ぶり?の更新ですか…。
ブログ、ずいぶんと放置してしまいました。

「もうネタが尽きたの?」と思われていたかもしれませんが、そうではありません。
春は何かといそがしく、疲れて体力と気力がなかったのです(+_+)

…今がフルアクセルVersionかというとそうでもないのですが(^。^;)

書きたいことはいろいろありましたし、でも書かない自分をもどかしく感じてもおりました。
しかし、仕事以外の時間のダルさと眠気といったら…マンガや文章を書くには向かない状態でした。
(↑録りためたTV番組のチェックすら、なおざり状態。)

今はなんとか書けそうですヽ(^。^)ノ
またダメにならないことを祈る!

それでは、放置中の期間にあったこと、思ったことなどを載せていくとしましょう。
よろしければお付き合いください(^.^)←顔文字多いな

とりあえず、4月中旬にあったことをマンガにしてみました↓

乙まんが LOVE SOMEBODY_001
乙まんが LOVE SOMEBODY_002
乙まんが LOVE SOMEBODY_003
乙まんが LOVE SOMEBODY_004
※事故があったのは事実ですが、マンガを分かりやすくするため、時刻設定(空の明るさ)や車体の傷など故意に変えている部分もあります。あしからず…。


前回の記事で

「交通事故にもお気を付けを!(゜o゜)ノ
乙は子供のころ、春に交通事故に遭って1ケ月ちかく入院しましたので。」

…と書いたところ、数日もしないうちに近所で交通事故(の直後)を見てしまいました。

ある夕暮れのことです。
店の中にいたら外から、重く硬い物同士がぶつかるような、大きな音がしました。
気になって外へ出ると、上のマンガ↑のようだったワケです。

ツイッター 交通事故

見た感じ、ケガなどの人身的被害はなかったようですし、車体の傷も上のマンガほどに大きくはなかったです。
自分が車を見に行ったあと、当事者のお二人は暗くなるまで外で話し合いをされていたようです。
その後どうなったのだろう…。


個人的主観なのですが、どうも春って交通事故が多い気がします。
もう春も過ぎ去ろうとしていますが、これを書いている現在(5月4日)はゴールデンウィークの真っ最中。
外出の機会も多いと思いますので皆様、くれぐれもお気を付け下さい。
いや別の時期でもそうなのですが(^。^;)


今回のタイトルは「LOVE SOMEBODY」
意味は“誰かを愛する”。

前回のタイトルが「誰かが君を愛してる」だったので、流れとしてキレイかと思いまして(笑)。

ラブサンバディと言っても、織田裕二さんの歌う ネバネバネバ な あの歌('97年~)ではありません(^。^)ノシ


Amazon 広告
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]



(“踊る”の歌の正しいタイトル表記は『Love Somebody』、小文字入ります。)

あれも警察モノの主題歌であり適しているといえば適しているのですが、こちらの「LOVE SOMEBODY」はアニメ「逮捕しちゃうぞ」の主題歌からいただきました。


Amazon 広告
逮捕しちゃうぞ [DVD]



普段の自分だったら“交通安全”からの連想といえば“戦う交通安全”「激走戦隊カーレンジャー」('96年)が真っ先に出てくるのですが…今回はなぜか「逮捕しちゃうぞ」が、ふと浮かんできたんですよね。


「逮捕しちゃうぞ」は、「ああっ女神さまっ」と同じ作家・藤島 康介さんの描かれたマンガです。
体力系行動派の“夏実”と頭脳系分析派の“美幸”という婦警コンビそしてその同僚たちが活躍する警察モノ。

アニメはビデオアニメ('94年)に始まり、なんとTVシリーズが3期、それにTV特別編、劇場版…と多数作られています。

人気作ゆえに実写TVドラマもあった…ような気もします…が…あれは…「逮捕しちゃうぞ」のタイトルとキャラクター名を借りた別モノと思っておいた方が精神衛生上、良い気もします(^_^;)
(ドラマ放送は2002年。ちなみに主演は原沙知絵さん&伊東美咲さん。)

「LOVE SOMEBODY」は、TVシリーズ第1期の後半でオープニングとして流れていた曲です。
DOWNからUPに向かい希望へ駆け出す歌詞と爽やかな曲調&歌唱は聴いていて気持ちがいい!
(作詞:横山 武さん 作編曲:HΛLさん 歌:福井麻利子さん)
五月病になりかけの方にもおススメしたい歌です(^.^)


なお、「逮捕しちゃうぞ」の歌には「交通戦隊オービスリー」という隠れた名曲があります。

作詞:横山 武さん、作編曲:工藤 隆さんという“レッツ・マイトガイン!!”な布陣(笑)で作られたこの曲。
企画自体は色モノなのに出来上がった歌がやたらカッコ良いという反則な歌です。(←警察なのに反則。)

政宗一成さんのナレーションが豪華!
こいつはスゴいぜぇっ!!
歌っているのは“尾美須 三朗”さんだそうです。

あ、でも時折入るセリフの一部はちょっと紫色ついてます(笑)。

昭和的ロボットソングやヒーローソングがお好きな方は是非ご一聴を!
そして、交通安全をその手に!!







楽天 広告
特注看板屋激安商品飛び出し君 ブロックタイプ(飛出し注意 標識 看板 激安商品 とびだし人形 子...





Amazon 広告
Love Somebody 完全盤(初回限定盤)(DVD付)





楽天 広告
【楽天ブックスならいつでも送料無料】TBSアニメーション::逮捕しちゃうぞフルスロットル企画 5...





Amazon 広告
<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 激走戦隊カーレンジャー





Amazon 広告
逮捕しちゃうぞ the MOVIE Blu-ray Disc



Amazon 広告
逮捕しちゃうぞ DVD-BOX





Amazon 広告
「逮捕しちゃうぞ」限定解除2~まほちゃんのスーパー・コレクション










イベント情報
ばらかもんの島・長崎県五島列島のイベント 「よかコミ!」2017年春に第3回開催決定!
プロフィール

乙 緒智庵(おつ おちあん)

Author:乙 緒智庵(おつ おちあん)
ニックネーム:おっちゃん
40代後半。(自画像はリアルさより見ばえ重視で作っています。)
プロフィール画像の背景は母校・五島高校。
へんぴな島でのんきに雑貨や駄菓子を売っております。
1970~90年代のアニメ・特撮・漫画が好きです。
その年代のアニソン&ヒーローソングは大好物!

最新記事
Amazon 広告
検索フォーム
リンク
Amazon 広告
楽天 広告
ブログ村ランキング
にほんブログ村 ランキングバナー
当ブログの記事を気に入られた方が下のバナーを押してくださると、“にほんブログ村”様に伝達され、当ブログにポイントが入る仕組みになっているようです。ポイントが増えると当ブログのランキングが上がるらしいです。(お1人1日1ポチのみ有効とか。) 気が向いたら押してやって下さるとありがたく思います。    
  
  にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
 にほんブログ村 アニメブログへ
  ブログランキング・にほんブログ村へ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。