スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生の悲鳴!廊下に響く打撃音

女子高生の悲鳴!廊下に響く打撃音_001
女子高生の悲鳴!廊下に響く打撃音_002
女子高生の悲鳴!廊下に響く打撃音_003
女子高生の悲鳴!廊下に響く打撃音_004
女子高生の悲鳴!廊下に響く打撃音_005

・・・と、いうわけで。
我が母校“長崎県立 五島高等学校”、通称 五高 に配達に行ってきました。

2階へ荷を届け、帰りの階段を下りている途中で女の子の悲鳴が聞こえまして。
驚いて早足で現場へ向かってみたところ、女子高生2人が立ちすくんでいる。

彼女らが見ている床の上に、うごめくムカデがいたわけです。
(実際には女子高生たちは楽器の練習中で、それぞれ何やら楽器を持っていました。)

そのムカデがかなりの大きさだった(あんなの久しぶりに見ました)もので、どうしたものかと思ったのですが。
まあ女子高生たちは困っているように見えましたので、駆除した方が良いのだろうなあ、その方がカッコ良いしなぁ、との考えで(笑)ムカデに近づきました。

その場の武器がスリッパしか見当たらなかったので、スリッパを構える!

・・・ところが。
上のマンガでは「スクールシューズ」っぽいのを描いているのですが、実際には違っていまして。
使ったのは学校などでよく来客用などに使われている、ごくごく一般的な緑のスリッパだったのです。


Amazon 広告
現場用スリッパ グリーン



パーーーーーン!!
廊下に〈かなり大きな音で〉響く打撃音!

・・・命中はしたものの、手応え弱い!?
ヤツはまだ元気にわじゃわじゃ動いているぞ!
仕留めろ!

というわけで、計5回叩きました。
それでもムカデは多少、動いている・・・。

しかしこの響く打撃音であまり騒がせるのも何だなー・・・と思い、そこで止めました(^_^;)

で、横にいた女子高生たちを見ると、明らかに
引いている。
このまま黙って帰るのもどうかと思い、何か言葉をさがす!
何か、何かないか!?

「デカいねー。」

・・・もうちょっと気の利いたコト言えんのかー・・・。

でも女子校生は礼儀正しい。
「ありがとうございました。(ペコリ) 後はやっときます。」

・・・ああ、ムカデ退治して良かった・・・(・∀・)

と、立ち上がって横を見たら、ドア越しに並んだたくさんの生徒さん。
その前では先生が一生懸命にお話をされている。

チラチラとこちらに向けられるみなさまの視線。
刺さる。

やっちまったーーーい!! ヽ(≧□≦;)ノ
ミーティング中に騒がせてごめんなさーーーいっっっ!!!


カッコ良いどころか迷惑かけて恥もかいてしまいました(´Д`;)


つ・・・ついでに言うと・・・。
スリッパは学校の備品。
後から思ったのですが、その学校のスリッパをムカデで汚して、それをそのまま靴箱に入れてきてしまったのでした( ̄▽ ̄;)
焦りでそこまで気が回らなかったのですよ・・・。

五島高校のみなさん。
たいへん、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

そうそう。
念の為に書いておきますが、上のマンガで登場している制服は、五高の制服とは違います。
使っているマンガ制作ソフトの機能の関係上、キャラクターに着せられる服装は限られているのです・・・。

(次回予告。 次の当ブログには、五島高校とその付近の景色の、新旧の写真を載せます。)

・・・それにしても。
あんなデッカいムカデ、どこからどーやって出てきたんだろう・・・(^_^;)
謎だ・・・。


オタクの自分が“ムカデ”といって連想するのは、「ビーファイターカブト」('96年)。
敵の怪人に、ムカデ型のヤツがいたのです。

  Amazon 広告
  
ビーファイターカブト VOL.1 [DVD]


しかし、あまり好みでなくハマれなかった作品の故に、そのムカデ怪人の名前も思い出せない!?
確か敵の幹部で、四天王みたいなグループの1人だったんだよなー・・・とか、そんな程度(^_^;)

ネットで調べてみたら、“冷血鎧将(れいけつがいしょう)ムカデリンガー”という、なかなかにハクのあるキャラクター名でした。

鎧将!
そういえば持ってるCD「ビーファイターカブト ソングコレクションVol.2」に、「ビークラッシャー ~恐怖の四鎧将~」という歌が入ってたんでした!

・・・どうせなら、歌詞の中にキャラクター名も織り込んでくれれば記憶に残ったのになー・・・(^_^;)






 Amazon 広告

アースムカデコロリ300ML【HTRC2.1】




 Amazon 広告
     
虫コロリアースパウダースプレー 【HTRC2.1】




 Amazon 広告
    
フマキラー アリ・ムカデ粉剤 1kg





 Amazon 広告
 
ビーファイターカブト VOL.2 [DVD]





スポンサーサイト

続きを読む

五島からシャドウ丸!バトルホーク!

乙まんが 五島フェイマスター2-1
乙まんが 五島フェイマスター2-2

別にオタクであることを恥じはしない、むしろ誇りに思っている乙ですが、対面してディープな趣味を明かす相手はある程度選びます。
偏見による無用な風当たりにさらされるのはごめんですので(^_^)


今回のサブタイトルは
「シャドウ丸!バトルホーク!」。

“シャドウ丸”とはアニメ「勇者警察ジェイデッカー」('94年)で、立木文彦さんが演じられたキャラクターです。


  Amazon 広告
勇者警察ジェイデッカー セル画



キャラクターとはいっても人間では(それどころか生物でも)なく、警視庁が作った“人工知能”搭載の巨大ロボットだったりします。
そしてそのロボット達は“ブレイブポリス”というチームを組んで大きな犯罪の捜査活動(そして時には戦闘)を行います。

ブレイブポリスのロボット達はどのロボットも人間臭く、とても情にあふれたキャラクター達でした。
ロボットなのに作中では、人間と変わらぬヒューマンドラマを展開していたのです。
 自分は40年以上に渡ってロボットアニメを観てきましたが、これほどまでに涙腺を刺激された作品は希少です。
(何せテーマが“Heart to Heart”! 1話目から涙ボロボロだったもんなぁ…(T。T))

作品の中でシャドウ丸は、「水戸黄門」の“弥七”的な立ち位置。
主役達とは別行動・別の視点で事件を追うことも多く、複数の形態への変形を生かした隠密捜査で諜報活動を行う忍者ロボ!!
その印象は「渋い」とか「いぶし銀」といった言葉が似合い、立木さんの声が大ハマリなキャラクターでした!!

立木さんといえば「新世紀エヴァンゲリオン」('95年)で演じた主人公の父・碇ゲンドウ役がアニメでの代表作だと思います。


  Amazon 広告
非売品!入手困難品!エヴァンゲリオン/フィギュア/碇ゲンドウ【錠ゲンドウ】エヴァンゲリオン プ...



自分もそう思うのですが、我がオタ友は立木さんの話を振った時、真っ先に「シャドウ丸だとォ!」の言葉が出てくる「ジェイデッカー」ファン。
そのオタ友のシャドウ丸愛(^.^)を尊重して、今回のサブタイトルにはゲンドウではなくシャドウ丸を採用しました。

また自分にとって立木さんは、声優だけではなく歌手でもあります。
1994年に“TAKADA BAND”として、アニメ「BLUE SEED」の主題歌を歌われていました。


  Amazon 広告
BLUE SEED Blu-ray BOX【期間限定版】



“TAKADA”は漫画「BLUE SEED」を描かれた高田裕三さんの苗字からのネーミングで、バンドのヴォーカルは立木さんお1人ではなく、三松亜美さんとのツインヴォーカルです。
立木さんの、歌手としての歌唱力・表現力には驚かされますよ。

いやーこの曲がねー、もう身もだえする程にカッコいいんですよ~ヾ(*^▽^*)ノシ

タイトルは「CARNIVAL・BABEL 〜カルナバル・バベル〜」です。
聴ける方は(Youtubeとか、ニコニコ動画とか?)ぜひ聴いてみてください!

あっ、立木さんはたまに、五島出身であることや五島の思い出のことをツイッターで語られてますよ。
機会があったらご覧になってみるのも、面白いかもしれません(^.^)



サブタイトルのもう一方、“バトルホーク”は、上五島出身歌手・池田 鴻さんが主題歌を歌われた特撮TVシリーズのタイトル。


  Amazon 広告
バトルホークDVD-BOX



放送は1976年。
ストーリーをかいつまんで説明すると、「主人公“楯 3兄妹”の祖父が謎のテロリスト集団に殺される。形見の3本の斧・ゴッドトマホークにより神秘の力を得た3兄妹は、3人の戦士に変身し祖父の復讐と世界の平和のために戦う」という話のようです。
(五島では放送されず、自分も見たことはないのでネットで調べました(^。^;))

原作は「マジンガーZ」「キューティーハニー」「デビルマン」でおなじみの永井 豪さんの漫画です。

同じ永井さんが監修した「グロイザーX」('76年、原作は桜田吾作さん)というアニメがあるのですが、その主題歌も池田さんが歌ってらっしゃいます。


  Amazon 広告
グロイザーX DVD-BOX1



「バトルホーク」にせよ「グロイザー」にせよ「ガンダム」にせよ、池田さんの歌われる主題歌はとてもダイナミックなイメージ!
その低く太い声で、声量豊かに朗々とヒーロー賛歌を歌い上げる!!
その燃える歌唱は、コアなアニメソングファン&ヒーローソングファンにとても愛されています。

池田さんはミュージカル俳優でもあり発声がしっかりしてらっしゃるので、その力強い歌声がアニメ&ヒーローソングにも向いていたのでしょう。
上記3作以外では、アニメソング&ヒーローソングの「キングレコード版カヴァー」を多数録音されています。
そしてそのレアな音源は、マニアの発掘魂をも呼び起こさせているほどです。

実を言うと、乙がインターネットを始めて最初に「ネットやって本当に良かった!!」と強く喜んだのは、某動画サイトで池田さん歌唱の「ゲッターロボ!」(原曲はささきいさおさん)を発見した時だったりします(*^_^*)

それ以来、動画サイトで池田さんの歌われたアニメソング&ヒーローソングを見つけては、心震わせ拳を握る・・・。
アニメ&ヒーローソングファンである乙に大きな喜びを与えてくださった池田さんには感謝せずにはいられません。

そんな池田さんは、1988年3月5日、直腸ガンにより48歳で亡くなられました。
若すぎます。 悔しいことです・・・。

ありがとうございます、池田 鴻さん。
あなたは五島が生んだ輝ける星です!
「ガンダム」に心躍らせた人々の心に、いつまでも輝き続ける星です。

五島にこういった素晴らしい方々がいらっしゃること。
とても誇らしく思います。







  Amazon 広告
勇者シリーズ20周年記念企画 GREATEST(DVD付)




  Amazon 広告
スターチャイルドSELECTION音楽編 (TV作品集)




  Amazon 広告
スーパーヒーロークロニクル 特撮ヒーロー主題歌・挿入歌大全集III




  Amazon 広告
ロボットアニメ大鑑 上巻




  Amazon 広告
GUNDAM SINGLES HISTORY







昭和をうかがう高校生

乙まんが14年2月15日の壱
乙まんが14年2月15日の弐
最初の「仮面ライダー」の主題歌と言えば、歌っているのは主演俳優の藤岡 弘、さんというイメージが今では強いのではないかと思います。
実際、TV放送で最初にオープニングとして流れたのは藤岡さん歌唱の主題歌でした。

ところが主演の藤岡さん(ライダー1号役)が撮影中の事故で一時降板、次の主役として第14話から急きょ佐々木剛さんが“仮面ライダー2号”として出演されることになりました。
それに伴い登場したのが、子門真人さんが歌われる同主題歌なわけです。


  Amazon 広告
仮面ライダーをつくった男たち 1971・2011 (KCデラックス)




これは余談になりますが、実はこの“子門版”主題歌。録音は藤岡さんの事故後に慌てて行われたわけではありません。
番組開始前に元々、第1話から子門さんの歌唱で行こうとしていたのですが、番組プロデューサー平山 亨さんの「主役が歌っている方が視聴者には良いのだ」という要望から藤岡さん・子門さん双方の録音が行われたのだそうです。
(CD「仮面ライダーBGM大全集 上」ブックレットに記載されている情報です。)
番組が難なく進行していれば、子門さんヴァージョンは日の目を見なかった可能性も・・・。

後に「およげ!たいやきくん」や「ガッチャマンの歌」などでも大ヒットを飛ばす子門さん。

詳しい経緯は分かりませんが、なぜかその主題歌「レッツゴー!!ライダーキック」と副主題歌「仮面ライダーのうた」に関しては子門真人名義ではなく“藤 浩一”の名で歌われています。
そのレコード1枚だけが“藤 浩一”として発売されたのです。

つまり一般の方々に“藤 浩一”の名はほとんど浸透していないわけです。(事実、自分のオタ友も藤 浩一の名では知らないと言っていました。)

そんな「裏話」的な歌手名まで覚えて、サラッと話に出してこれるK君って、ホントに“クセ者”だよなー…と思います(^_^)

K君はこちらに対して共通語・敬語で話しますし自分もやや共通語に近い五島弁で話すため、今回のマンガでは五島弁が登場していません。
そこをあえてコテコテ?の五島弁に直すと「とてもマジメですが結構なクセ者です」は「ざーまんマジメやばってんかっ、たいがいクセもんよな」とかなるでしょうか。

「この曲知ってる?」は「こん曲知っちょっ?」、「これ、最初の仮面ライダーの主題歌ですよね?」は「こい、最初ん仮面ライダーの主題歌やろかな?」・・・といったところ?

【訂正】 上の方で「レッツゴー!!ライダーキック」「仮面ライダーのうた」のレコード1枚だけが子門真人名義ではなく“藤 浩一”の名で歌われ発売された…と書いたのですが、それはアニメ&ヒーローソングの中に限ってのことでした。“藤 浩一”さんとしては、他に歌謡曲のシングルを5枚出されていたそうです。
訂正してお詫びいたします。申し訳ありません。



  Amazon 広告
Songs For Heroes <青盤>




  Amazon 広告
子門真人ヴォーカル・コンピレーション~TVサイズ・コレクション~




  Amazon 広告
MASKED RIDER BEST 1971~1994




  Amazon 広告
大音量・ アンプ内蔵の小型スピーカー neiro 【ネイロ】 イエロー






キッズ狼狽100万円

乙まんが14年2月9日の壱
乙まんが14年2月9日の弐
自分はおふざけがすきなので、子供が相手だとよくこういう“しょ-もない”ことをやります。
クールな子にやると「おっちゃんそれ寒いよ!」と言い返されてしまうのですが…(^_^;)

上のマンガで出てきた子たちは2つのパターンですが、他には
「えぇヒドッ!高すぎやろ!」とか
「百万円とか持っとらんし!」などなど、
子供らしい反応を引き出し会話を楽しめるのでコミュニケーションとして良い方法かな?と思っています。
(使い過ぎるとしらけられてしまいますが。)

たまに「はい百万円!」と、我が店の商品“百万円メモ帳”を持ってくる強者な子もいます。



  楽天 広告


プレゼントにもウケること間違いなし!!◆何点でも送料140円◆同梱可◆百万円札メモ帳◆大会の...




  Amazon 広告

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))




  Amazon 広告

HGUC 1/144 MSN-00100 百式 (機動戦士Zガンダム)





プロフィール

乙 緒智庵(おつ おちあん)

Author:乙 緒智庵(おつ おちあん)
ニックネーム:おっちゃん
アラフィフ。(自画像はリアルさより見ばえ重視で作っています。)
プロフィール画像の背景は母校・五島高校。
へんぴな島でのんきに雑貨や駄菓子を売っております。
1970~90年代のアニメ・特撮・漫画が好きです。
その年代のアニソン&ヒーローソングは大好物!

最新記事
Amazon 広告
検索フォーム
リンク
Amazon 広告
楽天 広告
ブログ村ランキング
にほんブログ村 ランキングバナー
当ブログの記事を気に入られた方が下のバナーを押してくださると、“にほんブログ村”様に伝達され、当ブログにポイントが入る仕組みになっているようです。ポイントが増えると当ブログのランキングが上がるらしいです。(お1人1日1ポチのみ有効とか。) 気が向いたら押してやって下さるとありがたく思います。    
  
  にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
 にほんブログ村 アニメブログへ
  ブログランキング・にほんブログ村へ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。